【 揮毫用途紙-② 】

【 カテゴリー : 紙 】


《揮毫用途紙-②》

※旧ブログ記事・再掲載版


揮毫用途紙・続編です。

次に、書体別でも変わります。

厚・薄と同様に、「楷書」・「行書」・「草書」・「篆書」・「隷書」

どの書体を書くかで、滲み等々を変える為、使用紙も変更となります。

※類似・酷似有

単純に滲みが強い・弱いだけではなく、墨色変化・滲み均等化

これらが加算されなければ、選ぶ理由もなくなります。


《 墨色変化・滲み均等化 》

墨色変化は原料で、滲み均等化は原料+漉き方で変わります。

墨色が綺麗に出る原料で製造されていない物は、当然綺麗に出ません。

例えば、「雁皮」・「楮」・「三椏」

この原料が入っている紙は、墨色変化を起こす原料の為、

当然ながら発色佳良となります。

そして、いくら最良の原料でも、漉き方・設定がおかしい場合、

綺麗な滲み方にはなりません。


※書きやすい紙 = 良い紙ではありません。

これは書きやすい → 何の原料で製造されているのか。

ここが最重要となります。

良質な原料で製造されている紙は書きづらい紙が多くなります。


何を・どう言う書体で・どう言う創造で揮毫するか。

これを考えて創作した場合、仕上がりが劇的に良質へと昇華します。



【 古紙・白 領 】

微繊維手漉+墨色変化有の雁皮入、更に古紙の為、書きやすさも兼備

【価格・品質 圧倒的日本一】 書道用品/掛軸/額装 株式会社 書優会

書道用品総合・掛軸・額装製造、日本唯一無二の卸・小売 専門企業です。 東北を拠点とし、日本全国・全市区町村完全網羅の通信販売も展開しております。 その他、展覧会企画構成・書籍出版販売・作品創作等々も実施しております。 【 書 No.1 グランプリ 】 完全実力制、日本唯一無二の真・書道展も開催中 ※詳しくは「書優会・ブログ」を御閲覧下さい。