【 墨 色 変 化 (応用編) 】

【 カテゴリー : 墨 】


《 墨 色 変 化 (応用編) 》


墨の種類・墨の磨り方の次は、墨色変化・応用編です。

先ずは淡墨・青墨作品の応用編です。


《 固形墨・2-3種類混合 》

青墨、淡墨作品を揮毫する場合、1色ですと、必ず誰かと被ります。

また、被らないにしても、1色=単色の為、その墨1色の効果のみとなります。

一例ですが、青墨にもある程度は種類がございます。

「青味・強」・「青味・中」・「青味・弱」・「緑系青」 等々です。

くっきりとした鮮明な青は「青味・強」となりますが、人口墨・物に寄っては軽い。

その為、「青味・中」と「2丁重ねて」磨れば、軽さが軽減される事になります。

また、はっきりとした色味は欲しい物の、重厚感・深みが欲しい場合は、

同じやり方ですが「緑系青(緑青墨)」と、同時墨磨にて解消されます。


《 完全・オリジナル色 》

御自分の好み・誰とも被らない色。

これには上記の他に、顔彩(日本画等々の絵の具)を混ぜます。

元々、青墨(茶墨・紫墨 含)は人口墨の為、顔料を入れて製造します。

と言う事は、青味の増減やオリジナル色、これは顔彩でお好みでコントロール

出来る事とイコールになります。

顔彩は膠を抜いた固形墨と言われる様に、市販の墨液等々より自然の物で、

表装も可能の万能絵の具です。

青墨を強く鮮明にしたい場合は、顔料の「紫」を足す事により、

オリジナル「紫青墨」となります。

知識があれば、創作の幅は無限大に広がります。

是非お試し下さい。


【 淡墨作品 = 墨色変化のみではなく、滲み均等紙の補助も不可欠です 】

【価格・品質 圧倒的日本一】 書道用品/掛軸/額装 株式会社 書優会

書道用品総合・掛軸・額装製造、日本唯一無二の卸・小売 専門企業です。 東北を拠点とし、日本全国・全市区町村完全網羅の通信販売も展開しております。 その他、展覧会企画構成・書籍出版販売・作品創作等々も実施しております。 【 書 No.1 グランプリ 】 完全実力制、日本唯一無二の真・書道展も開催中 ※詳しくは「書優会・ブログ」を御閲覧下さい。